2013年12月29日日曜日

Macbook2009 lateのメモリを8GB にした


Macbookの小ネタです。

以前、Macbook2009 late のSSD化を行い、快適に生まれ変わったことに感動して使っているおちくんですが、あえて不満をいえばメモリ不足。いちおう仕様上の最大4GBにはしているんですが、 正直心配ですよね。で、実は仕様は4GBが上限でも、実際には8GBまで増設できるとことに最近気づき、冬休みの自由研究がてらにトライしてみることにしました。
幸いにも、手元には、昔、Mac miniに使っていた8GB (4GB+4GB)が残っていたので、ノーコストでそれを利用。結果は。。。。。冒頭の写真のように、8GB認識してくれています。これでますます、Macbook2009 lateは現役として活躍してくれそうです。

2013年12月28日土曜日

珪藻土バスマットがいい感じー


生活雑貨ネタです。

お風呂ってけっこう大切
日常生活において、毎日当たり前のようにあり、軽視されているもの。。。お風呂がその1つにあると思います。お風呂は1日の疲れを取るための重要な時間であり場所であるというのは、わかっているようで意外と盲点になっているのではないでしょうか?

お風呂上がりを締める重要なアイテム
快適なお風呂タイムを過ごすためのハック、、といえば、入浴時に目がいきそうですが、ここではお風呂上がりをピックアップします。いくら快適なお風呂を楽しんだとしても、その最後を締めくくるお風呂上がりを軽視すると全てが台無しになってしまいます。

ここで重要なアイテムとして、2つあるのにお気づきですか?1つはバスタオルですね。フカフカなバスタオルで包まれると幸せな気分になるわけですが、もう1つのアイテム、、、、そう、バスマットの存在を忘れてはいけません。バスマットというのはほとんどの人が軽視しているはずです。なぜなら、バスタオルは個人ごとに分けて使っていると思いますし、バスタオルを交換する頻度が、テレビでネタになったりすることがありますね。しかし、バスマットについては同様な話題がでてくることはあまりないと思います。

我が家では、嫁さんがけっこうバスマットにはこだわってて、バスマットの上にハンドタオルを置いて毎日変える等していたんです。それでも、家族がお風呂に入るたびに水分を吸収しますから、最後に入る人は湿った冷たいマットの上で足を拭くわけです。まあタオルを引き直してもいいんですが、そうなるとタオルの消費が半端なくなります。

珪藻土バスマットというソリューション
そこで、表題の「珪藻土バスマット」の登場です。ある日、嫁さんが通販で買ってきて、脱衣スペースに置いてたんです。何これ?って、これは
  • 高い吸水性
  • 高い乾燥性
  • 高い抗菌性
  • 影干しで吸水性が再生
という特徴があります。下に近づけた写真がありますが、小さな穴があるのがわかるかと思います。水分はすぐに吸収され、しかもすぐに乾燥(蒸発)するので、マットの上はいつも乾いているんです。ですから、マットの上はどちらかというとヒンヤリしてますが、濡れていることはないです。陰干しも毎日する必要はなく、1週間に一度くらいでもいいと思います。



今、我が家のバスマットはこれだけです。おかげで、お風呂に出た後の気分よく足を拭くことができます。さっそく、実家の親にもプレゼントしました。皆さんもどうですか?

2013年12月22日日曜日

ネット通販はアプリ利用が便利ですよ



最近、モノを買うといえば通販が多くなりました。通販って便利ですよねー。忙しくて買い物に行く時間がない人は重宝していると思います。今日は、それに関するちょっとした話を、、、

アプリ使ってますか?
通販サイトを利用する時は何を使ってますか?「そりゃあ、サイトにブラウザでアクセスして、、、」って答えてる人!ぜひアプリでの購入をお勧めします。最近は主要な通販サイトは、iPhoneやAndroidのアプリを揃えています。スマホだと画面が小さいでしょ?、、、という人もいるかもしれませんが、意外とアプリの方が画面が洗練化されていて、見やすく操作しやすい傾向があります。それに、通販で買うときって基本的に買うものは決まってませんか?それなら検索して購入するだけですから、アプリのほうが楽だったりします。おかげでボクの物欲は加速して、ついついポチっとしちゃうんですよね。

オススメ5大通販サイト
というわけで、アプリ(iPhoneアプリ)が用意されているオススメの通販5大サイトについてざっと紹介します。

(1)Amazon
おそらく読者の方も利用が一番多いかと思います。
  • ほとんどが送料無料
  • 配達が速い
  • 海外向けも多い
  • 扱う商品のジャンルはどんどん広がっている
ということもあり、けっこうヘビーに使ってます。先日は、炭酸水を買っちゃいました。ちなみにボクはプライム会員に入ってます。年額3900円はけして安くないですが、家族でも共有できますし、ふだん買い物に行く時間もなく、また急に必要となるものがけっこうあったりするので、なんだかんだといって重宝してます。


(2)楽天
Amazonに対抗できる日本発のネットモールとして応援したいですし、できるだけ利用したいものです。特徴としては、
  • マニアックな商品が売っている
  • 楽天ポイントが溜まる
  • 送料は店舗次第
という感じで、楽天のサイトって画面がみづらいというイメージですが、アプリなら統一感があっていい感じですよ。マイナス点は送料かな〜。店舗によって変わりますし。


(3)ヨドバシカメラ
最近ボクが注目しているのはココ。
  • ジャンルもそれなりに抱負(だいたい店舗と同じと考えれば
  • 送料無料
  • ヨドバシポイントが溜まる
という感じで、ヨドバシのマニアのボクとしては一押しです。送料無料というのが特にいいですね。


(4)LOHACO
知る人ぞ知る、ASKULの個人向けサイトです。Yahooと提携しており、
  • YahooのIDが必須
  • Yahooポイントが貯まる
  • 配達が最速当日から
  • 文房具を中心にクールな日用品が豊富
  • 1900円以上で送料無料
  • LOHACOモールも魅力
という特徴があります。アプリもいい感じで、グッズ特集なんかもあり、通販雑誌を読んでいるような感覚がするオシャレなアプリです。LOHACOモールには有名な多くのショップが参加しており、例えば無印良品のグッズも買えちゃいます。


(5)Yahoo
実は使ったことがないです。なんか楽天と被りますしね。ただ、YahooIDを持っているなら、利用を検討する価値はあると思います。最近は出店料を無料にしたことが話題になりましたが、そのおかげで店舗の数(扱うジャンルがさらに増える可能性があり、期待大といえます。


以上、ざっと紹介しましたが、ボクは基本的にはヨドバシ→Amazon→楽天で順で、ほぼ事足りてます。アプリをまだ入れてない人はこれを機会にぜひ。ウィンドウショッピングならぬ、ブラウジングショッピングがスマホでお手軽に楽しめると思いますよ。皆さんのお気に入りのサイトはどれですか?

2013年12月18日水曜日

ようやく200記事達成したようです

Day 200!

このライフハックBLOGは、元々100記事を書くこと目標に立ち上げたわけですが、2年ほど前に100記事を達成し、以降は特に数値目標を設定するわけではなく、記事を書き続けてきました。で、今回、200記事になりましたので、ひとりごとです。

何か変わったか?
100記事を書くまでは無理に記事数を増やすみたいなことはしたくなかったので、それなりにネタを検討したりしてましたが、それ以降は義務感がなくなったこともあり、小ネタでも取り上げるようにしました。そういう意味で、投稿のペースは上がるかと思ったのですが、だいたい年間40記事ぐらいですから、意外にもペースは上がらなかったですね内容的には、デジタル系のガジェットねた以外にも取り上げるようにしたので幅広い範囲に広がってるとは思います。
あと、「ライフハックなネタ」って意外と身の回りに転がってるかもしrないということ。日々、当たり前に使っているモノとか、やっていること、考え方とかも、他所では違ったりハックネタだったりすることがあるんじゃないかと感じてます。

自己評価してみると、、、
振り返って自己評価してみると、良い面、悪い面が半々かな?まずは、本業の仕事の忙しさが増えていく中、頻度や内容はどうであれ、5年間続けてこれたというのはそれなりの成果だと思います。反省点、、、これは100記事を書いた時のBLOGに掲げていたことですが、
  • 自分の記事の整理と自己分析
これが全くできなかったですね。記事の整理はいつも思っていて、具体的にはタグの整理になるんですが、もっと数を減らしたい。。。と思ってます。あとは、小ネタに走りすぎたかな、、、まあこれは微妙な問題で、変に制約をかけると記事が増えませんからね。

とりあえず今後の抱負でも
これはゴールでもなく通過点なわけですから、あらためてこれからどう書き続けていくかちょっと考えてみました。

(1)誰のためのBLOGなのか?
皆さんは誰のためにBLOGを書いてますか?最近、一部界隈でBLOG論的な話題が出ているようですね。こんなBLOGを書くなとか、BLOGとはこであれ、、、みたいな。まあ、正論なんですが、ボクの中ではBLOGは目的ではなく、自分がライフハックを実践するための手段の1つに過ぎません。もちろん多くの人に読んでもらいたいって気持ちもありますし、読者も無視はできませんが、本質的には自分のためのBLOGなんですよね。記事毎のアクセス数をみると、ネタによってケタが2つほど違うものもあるんですが、かといって、アクセス数が多いネタを増やそうってふうにはなれないですね。時間的にもネタ的にも限界ですし、なにより疲れる、、、義務感で書くBLOGって楽しくないと思います。

(2)非ガジェットな話は増やしたい
ボクはこのBLOGの記事は、自分の日常生活で利用している物(ガジェットとかを中心に書いてましたが、非ガジェット、、、例えば考え方やスタイルなども書いてみたいと思います。もちろんガジェット系のネタは書きやすいんで、それなりには書くことになるでしょうけど、そんなにいつも物を買っているわけではないですしね。それより、各種ガジェット利用に突き動かす自分の嗜好というか見えざる意識というか、そういうのをもう少し意識して書いてくことで何か自分の生活やスタイルを改善できるのではないかと、、、難しいですけどね。

(3)書評はやりたい
書評、、、やりたいですね。でもボクは読書感想文は苦手なんで、、、でも、やりたいしやらないといけないと思ってます。自分のためにもね。
(4)身の丈にあったBLOGを
このBLOGのためにネタを探す、、、というのは控えたいと思います。たとえ投稿が伸びなかったとしても、、、。日常生活の中で、「これイイじゃん!」とか「こんな考え方どうだろう?」みたいに感じたことを書いていく。このスタイルに徹したいと思ってます。


というわけで、今後ともおちくんのライフハックBLOGをよろしくお願いします。

2013年12月16日月曜日

喫茶店でのノマドにはティーがよく似合う


まさかの連続の喫茶ネタ。ちょっと気づいたことがあるんですよ。

喫茶店に長居するのは難しいですよね
喫茶店で長居をしようと思ったら、さすがに水だけで居座ることはできないでしょう。気にせずそういう人もいるかもしれませんが、小心者のボクには無理です。で、ドリンクとかデザートを頼んで、できるだけゆっくり食べたり飲んだりしながら、店員の水入れ攻撃や片付け攻撃(帰れコール)に耐えながら粘っているわけです。

コーヒーより紅茶!
で、ボクはもともとコーヒーが好きなんで、喫茶店に行ったら大抵はコーヒー+ケーキを頼んでます。ただ、先日、昼食後に喫茶店に寄った時は、昼食をとった店でコーヒーがついていたので、さすがにコーヒーを連続で飲むのはどうかなーってことで、仕方なく紅茶を頼んだわけですが、そこで重要なことに気づきました。ルノーアールみたいな喫茶店だと、紅茶ってティーポットに入ってやってきますよね。ティーポットに入っている紅茶の量は1杯分以上あるわけですよ。ということは、
  • コーヒーよりもたくさんの量を飲むことができる→気兼ねなく長居ができる
ということに気づいたわけです。コーヒーカップとティーカップは若干ティーカップの方が小さいですが、そうはいっても明らかにコーヒーよりも多くの量を飲むことができるわけです。値段にはさほど差はなし。しかも、コーヒーだとコーヒーカップの中を飲み干してしまえば、Emptyであることが明らかになり、帰れコールも受けやすくなります。しかし、紅茶の場合には、ティーポットの中の分量はわかりませんから、飲み終えたのかどうかわからず、店員も攻撃しにくくなるでしょう。

というわけで、これから喫茶店で時間つぶしをするときは、マミさんのように華麗にティーを飲もうかと思います。皆さんもどうですか?

2013年12月15日日曜日

最近、ルノアールにハマってます


年に何回か仕事で東京にでることが多いおちくんですが、時間つぶしに喫茶店に寄ってドヤ顔でiPad miniを開いてBLOG書いたりしてます。今日はそんなノマドタイムの過ごし方の話。

ルノアールってありますよね
ノマドタイムを実現するために、どこの喫茶店に入るか。。。いつも悩んでたんですよ。GoogleMAPやFouesquareで調べたり、電源カフェのサイトでいろいろ探したり、、、ということをしていたんですが、なかなかいい店がないんですよね。電源ももちろん重要ですけど、ノマドな仕事をする雰囲気とか、そういうベターな場所ってなかなか探しにくい。で、そんな中で出てきた候補が喫茶室ルノアールです。以前から東京に来るたびに見かけてはいたんですが、なんか雰囲気が古臭いし、入りズラい。しかも値段も高かったりして、一度利用したことはあるものの、選択肢からは外れていたんです。

なんかだんだんハマってきた
そんなルノアールに対して、いつからか気になりだしている自分がいたんです。ふと気づけばルノアールに向かう自分が、、、理由は次の通り。
(1)独特な雰囲気
やはりいろいろ喫茶に寄ってみて思ったんですが、ルノアールみたいな雰囲気の店ってないんですよね。これぞ喫茶って感じ。店員さんもメイド服を着ていてそれが自然な感じ。コスプレっぽくない。入った瞬間の昭和的な懐かしさを感じます。
(2)静か
他の店舗と圧倒的に違うのが静かさでしょうか?もちろん無音というわけではないのですが、テーブルが離れているせいか、あまり耳に入ってこないんですよね。年配の人が多く、静かな客層というのもあるかもしれません。
(3)電源がある
全てのテーブルにあるというわけではありませんが、壁に何箇所か電源がありますので、そこに座ることができたら、電源を確保できます。
(4)さりげないおもてなし
店員さんの対応も過剰ではなく適度。コーヒーを飲み終えた頃、お茶を出してくれます。「もしかして帰れコール?」かと思いましたが、某掲示板ではそういう意味ではなく、ゆっくりしていってねってことらしいんです。ありがたいですね。
(5)都内にたくさんある
もしかしたらルノアールに類似するような店は探せばあるのかもしれません。いや、きっとあるでしょう。ただ、捜すのがめんどくさい。特にボクにとっては東京は見知らぬ土地ですからね。そんなところでルノアールみたいな店を探せというのは、砂漠でオアシスを探すようなものです。で、大抵、主要な駅の近くにルノアールってあるんですよね。探す手間がなくなるというのは、大きな要因ですよ。

というわけで、最近はルノアールにハマってます。東京近郊の方にとってはいまさらな記事だったかもしれませんが、関西にはこういう店(チェーン店なのにくつろげるというお手軽な異空間)がないんですよね(ボクが知らないだけかもしれませんが、、)皆さんオススメの喫茶はどこですか?

2013年12月8日日曜日

iPad mini Retina購入しました


お待たせしました。iPad mini Retinaを購入しました!

購入はヨドバシオンラインで
いつもヨドバシの店舗で買っていたのですが、今回はオンラインで購入しました。ここ最近、店舗を覗いても在庫なし状態が続いていて、店頭で買える気配がなかったので。。。まあ、予約すればいいんですが、忙しい時期なので取りに行く余裕もとれそうになく、それならオンラインでもいいかーって。ちなみに、先の日曜の夜にオンライン購入して、水曜には出荷の連絡、木曜日には到着と思いのほか早かったです。

最終的にWi-Fiモデルに!
セルラーモデルにするか悩みましたが、結局Wi-Fiモデルにしました。セルラーモデルのほうが使い勝手は間違いなく良くなり、BLOG的にもネタになるんですが、悩んだ結論として、
  • Wi-Fiルーター+iPhoneテザリングで通信環境は維持できる
  • 経費削減
というのが個人的な判断要因です。特に、iPhoneのテザリングができるのが以前とは全く環境が異なる点ですね。Wi-Fiルーターだけだと、持ってくるのを忘れるということがたまにあったりするわけですが、iPhoneは常時身につけていますから、忘れるということはまずないです。5Sにして、キャリアであるauのLTE環境が快適になったというのも要因です。最後まで正直、悩みましたが、1年間Wi-Fiモデルを使い続けた経験から問題ないと判断しました。

容量は初の32Gに
今までボクは、iPhoneやiPadは全て16Gにしてました。そんなにデータ入れることもないしなーとか思ってたんですが、ここ最近、iPadでは
  • ビデオ
  • 電子書籍
といった容量の大きいメディアを保存することが増えてきました。で、結果的に、5Gくらいしか空き容量が残ってない感じでしたので、思いきって32Gにしてみました。1万円価格がアップしますけど、少なくとも2年は使うつもりなので少しでも快適な環境にしておきたいなと。。。Wi-Fiモデルにしてコストを下げた分、容量に投資したと考えてもられば。。。ちなみに、色はシルバーです。

ファーストインプレッションは?
で、ファーストインプレッションですが、、、速くて快適になったの一言。That,s all。たったそれだけ、、、と思うかもしれませんが、外見も全く同じですし、ファーストインプレッションの違いはそれだけ。でも、それだけで十分です。速さは力ですから。
ボクは、Goodreaderを使ってプレゼンをよくやるんですが、今までiPad mini(特にiOS7にしてからは、PDFの描画がやけに遅かったんですよ。ちょっと大きめのPDFや拡大・縮小処理をすると描画が中断されますからね。例えば、拡大・縮小するたびに3〜5秒ほど時間がかかるファイルがよくあるんですが、それが1.5〜2.5秒ほどに、つまり倍の速さで表示されるようになりましたからね。ホントは遅延なしを期待してましたが、まあこれでも十分改善されたといえます。Retina化については、ボクは覗き見防止フィルターを貼り付けますから、特に感じるものではないですね。
あ、そうそう。覗き見防止フィルターは、iPad miniのやつがそのまま使えました。Retina化したからもしかしてモアレが発生するかと思いましたが、問題なく流用できてます。

というわけで、以前と同様、Bluetoothキーボードに装着しておちくんの快適なiPad mini Retina生活がはじまりました。BLOG執筆も加速すると思います(ネタがあれば)

2013年12月7日土曜日

楽天でんわ!要チェックですよ!


iPhoneでIP電話をちょくちょく利用して、電話代を浮かしているおちくんですに、今回は気になるサービスが、、、

楽天でんわというサービスがはじまったようです
以前から告知があったのか知りませんが、「楽天でんわ」という個人的には寝耳に水なサービスがはじまりました。さっそく情報収集しましたが、これっていわゆる携帯電話版の「中継電話サービス」なんですね。今は、携帯電話の普及や固定電話でのひかり電話、IP電話などの普及によりすっかりマイナーになりましたが、昔は、固定電話で市外電話をかける時は、0088や0077を電話番号の前につけると安くなるっていう中継電話サービスが流行ったんですよ。携帯電話でも似たようなのがあったような気もしますが、とにかく今回の楽天でんわの登場でネット界隈の皆さんが騒いでいるので、これは盲点をつくサービスでしょう。なんで楽天が?と思うかもしれませんが、楽天はフュージョンコミュニケーションズという中継電話サービス会社を持ってますし、以前、イーアクセスを買収しようとした噂もありますし、電話事業に以前から関心があったんでしょう。

利用のメリットはあるか?
料金が一律10.5円/30秒ですから、LTEスマホを使っている人はまず利用を検討すべきでしょう。今の各キャリアのLTE契約での通話料は、どこも一律21円/30秒ですからね。はっきりいってボッタクリですよ。特にdocomo、auは従来まで複数あった料金プランをLTE移行にともないなくしましたからね。現在は、auの場合は通話ワイド24、ソフトバンクならWホワイトといったというオプションをつければ一律10.5円/30秒にはなりますが、980円/月もかかります。これらのサービスを使っていた人は、楽天でんわに乗り換える価値は十分にあるでしょう。

実はアプリを利用しなくてもいい
楽天でんわは中継電話サービスですので、電話番号の前に「003768」を付けているだけです。アプリは自動的にその番号をつけて発信してくれますが、登録後は、アプリを使わなくても普通に電話をかける際に「003768」を付加すればOK。電話帳に番号を追記しておけば、普通に電話アプリからかけても楽天でんわとしてかけることになります。

利用上の注意とコツ
今は同一キャリア間無料というサービスが一般化していますが、楽天でんわアプリを利用すると(番号を付加すると)、無料ではなくなります。話ほうだいのプランも同様です。ガラケーでも利用することができますが、通話料金込みのプランの場合、そこには含まれませんので注意が必要です。ただ、この楽天でんわアプリには、無料電話グループを設定する機能があり、このグループに含まれている番号には、「003768」付加をせず通常の通話モードでかけるようになってます。この機能をうまく使いこなせればいいんですが、相手が無料通話の適用しているのかどうかなんてのは、なかなかわかりにくいですけどね。ここが要注意です。

ボクはこう使ってみる
とても魅力的な楽天でんわなんですが、ボクはすでに050PLUSで料金下げに成功しているんですよね。キャリア電話、楽天でんわ、IP電話とこれら3つをどう使い分けるか??個人的には、
  • 自宅(固定電話)は050PLUS
  • 固定電話は楽天でんわ
  • ケータイ(非au対象)は楽天でんわ
  • auケータイはキャリア電話
というのを基本にしたいと考えてます。これらの電話の通話プランの仕組みや利点、欠点をきちんと理解して、自分にあった使い分け方を見つけていくが必要があるでしょうね

楽天でんわの先にあるもの
楽天がわざわざ「楽天でんわ」なるアプリを配布しているのはなぜか?子会社のフュージョンを生かすのはもちろんのこと、真の狙いはLINEのようなサービスの提供を検討しているだろうと思います。今のアプリの機能としては、中継電話アプリとしてだけですが、今後は、チャット機能のやLINEの無料通話といった機能をつけていくはずです。LINEの成功に指をくわえて静観するわけはないでしょう。
また、各キャリアも楽天でんわの登場にどう動くか?ソフトバンクは0088で同じようなサービスをやってもいいと思うんですけどね。今までは同一グループ内での共食いになってましたが、他社(楽天でんわ)に料金を奪われるくらいだったらやるんじゃないかなー。

携帯電話料金の今後の動向には要チェックですね

2013年12月1日日曜日

ボールペンもLAMYにしました


デジタル派のおちくんですが、数少ない愛用アナログガジェットとしてLAMYの万年筆を使用しているのは、本BLOG愛読者の皆さんならご存知ですね。

なんでも万年筆というわけにはいかない
普段から鉛筆とかシャープペンとかは使いませんから、アナログなメモ書きをする時はまずLAMYの万年筆です。が、万年筆が使えない時ってありますよね。カーボンコピーの用紙などは筆圧が求められますから、滑らかなLAMYではうまく下に写らないんですよ。そんな時はボールペンを利用するわけですが、あんまりボールペンのスタックは持ってないので、乱雑な部屋の中をちょくちょく探したりしていたわけです

ボールペンもLAMYにしよう
で、ふと思いたったのが、ボールペンもLAMYにするというソリューション。LAMYにボールペンがあるのは知ってはいましたが、今になってふと、「ボールペンもLAMYにしたら、筆記用具がLAMYに統一できてなんかイイじゃん!」と思ってしまったわけです。で、購入したわけです。写真ではちょっとわかりにくいですが、LAMYの刻印がなんかいい感じー。




LAMYに統一することの意味
LAMYのボールペンって、値段的には3600円ほどするので、いわゆる高級文具のジャンルに入るかと思います。まあ、高級文具にはもっと万単位の値段のモノもあるわけですが、「ボールペンごときに3600円払うの?」と感じる人も少なくないでしょう。しかし個人的には、LAMYの万年筆を買ってから気づいたことがあります。それは、いわゆる高級文具を買うと、文具に対する扱い方も丁寧になってくるということ。掃除下手なボクは、文房具の整理とか大の苦手でなくすことがしばしば。でも、LAMYの万年筆を買ってからはペンケースも別途買って、それに納めるようになりました。で、今回、ボールペンもLAMYにしたことで、自然とボールペンもLAMY万年筆と同じように扱うようになりました。
まあこの話、別にLAMYじゃなくてもできることなんですが、LAMYに統一するという要因が個人的にビビッときたって感じです。

以上、LAMYボールペンの話でした。

2013年11月26日火曜日

旅ハック:海外旅行用電源タップ(USB端子付き)の紹介 〜YAZAWA HPM6AC2USB2WH 〜


海外旅行ガジェットの小ネタです。
以前の記事で、海外旅行向け電源タップについて紹介しましたが(旅ハック:海外対応モバイルマルチタップ)、また良いのを見つけたので、、、

USBポート搭載がいい感じ
以前の記事のは、電源の口にノートパソコン用の3又タイプの口があるやつでしたが、今回買ったのは、YAZAWAのUSBポートがあるやつです。最近はスマホとの電源ケーブルはUSBにつなげるタイプが当たり前になってますよね。そんなニーズに対応すべく、このタップにはUSBの口が2つついてます。以下はその写真です。いい感じでしょ?先日の旅行では、iPhoneやiPad、モバイルルータの充電に重宝しました



差し込み口がマルチタイプで便利
このタップがさらにいいのは、差し込み口が各種タイプに対応したマルチタイプな点です。ボクは複数の海外用の電源タップを持っていますが、いずれも差し込みタイプが固定で、別途変換コネクターが必要な時がしばしば、、、これはタイプA、C、O、BF、SEの5タイプのコンセント形状に対応しています。これは便利ですよ。



以上、電源タップの紹介でした。皆さんも海外旅行のお供に、おひとついかがですか?
なお、この機種は電圧変換はしませんので、その点は気をつけてくださいね。


2013年11月20日水曜日

iPad mini Retina、Wi-Fiモデル?セルラーモデル?どちらがいいのかジタバタ考えてみる

whaaa?!! it's only Wifi!!! no 3G!!! 

iPad mini Retina、急に発売されましたよね。先日の記事の通り、買う気満々のおちくんですが、スケジュールが詰まっていてなかなか買えそうにない状況です。それと、Wi-Fiモデルにするかセルラーモデルにするか結論が出てないわけで、、、、この場でジタバタ考えてみます。

通信できないiPadはただのゴミです
初代からずっとiPad利用している自称iPadヘビーユーザのおちくんに言わせてもらえば、まさにこれですよ。ボクは初代iPadから3Gモデルを買ってたんですが、当初から言われてたのは、「iPad買ったんだけどあんまり使ってないんだよね〜」という巷の声。そういう人はたいていWi-Fiモデルを買ってましたね。値段が安かったからなんでしょうけど、小金をケチって大金を無くすってのはまさにこのこと。通信環境があるのとないのとでは、551がある時とない時ぐらいの差があると考えていいでしょう(関西限定ネタ?

ではWi-Fiモデルはダメなのか?
となるとセルラーモデルしかない?そんなことはありません。今は通信環境が充実してます。LTEのポケットWi-Fiも売られてますし、スマホやiPhoneでのテザリングが当たり前の時代に。。。このBLOGでも紹介しているように、ボクはiPad miniからはWi-Fiモデルに切り替えてます。で、1年間、Wi-Fiルーターを使いつづけた結果、ほぼ支障なく使えることを実感しました。ほぼ支障なくというのは、テザリングの設定をする手間だとか、バッテリーを気にしたり、、だとかそんなところは不満がありますけどね。

個人的にはオススメしたいのは、、データシェア割引
というわけで、テザリング環境がない場合はいうまでもなく、上記のようにWi-Fiルーターの些細なことが気になるのなら、セルラーモデルを買うべきでしょう。お金が気になる人、、、ここから先はauの話になりますが、データシェア割という魅力的なプランが。。。概要をザッと書くと
  • 月々の料金が1050円
  • 毎月割はなし(つまり本体は定価販売
  • データ通信量はスマホと合わせて10Gまで
というちょっと面白いサービスです。2つ回線を持つのはちょっとお金がかかりすぎるなぁという人にはオススメできるプランですね

それぞれの費用を確認する
以上から、選択肢は、
  • Wi-Fiモデルを買う(Wi-Fiルーター運用)
  • セルラーモデルを買う(データシェア割)
  • セルラーモデルを買う(通常)
の3つになります。月々の経費を見ながら費用対効果を考えてみます。なお、計算をわかりやすくするために、本体は16Gモデルを一括で買うものとします。

【(A)Wi-Fiモデルを買う
  • 本体代金 ・・・ 41900円
  • 通信料/月 ・・・ 0円+他のテザリング料金(何か持っているという前提)
  メリット:費用を最低限(現状のまま)に抑えられる

【(B)セルラーモデル(データシェアあり)】
  • 本体代金 ・・・ 55400円
  • 通信料/月 ・・・1365 円
  メリット:いつでも通信(計10G制限)

【(C)セルラーモデル(通常)】
  • 本体代金 ・・・ 55400円
  • 通信料/月 ・・・5460円+315円-月々割2310円)= 3465
  メリット:いつでも通信(単体7G制限)。

上記の他に、セルラーモデルはiPad 自体でテザリングができる(Wi-Fiルーター代わりにもなる)というのも大切なポイントです。

費用対効果を考えてみる
で、Wi-Fiルーターを既に持っているという前提で、下記の組み合わせで比較してみます。

【(A)と(B)】
ここでのポイントは、本体価格の差分13500円を考慮する点です。iPad miniを2年間使い続けるとしたら、この差分は月々563円ほどいる計算になります。つまり、Wi-Fiルータが手元にあるかに関わらずいつでも通信できて(制限あり)、かつ、Wi-Fiルーター代わりにもなるということに1928円(1365+563円)/月の価値があると思うかどうかでしょう。

【(B)と(C)】
ここでのポイントは、通信料の差分2100円(3465-1365円)をどう捉えるかです。気兼ねなく使えるということに2100円の価値があると思うかどうかでしょう。

実は(C)については、思い切ってWi-Fiルーターを解約するというのをありでしょう。iPad自体がテザリングできますから、iPadminiを完全にWi-Fiルーター代わりにするという発想です。Wi-Fiルーターにするには大きすぎると感じるかもしれませんが、テザリングの対象って基本的にPCですから、PC持ち運ぶカバンにiPadを同梱するのに違和感はないと思います。

というわけで、個人的には、(A)か(B)で悩んでます。。。。どーしよーかなぁ。

2013年11月19日火曜日

Wi-FiルーターとしてGL07Sを評価する 〜結局GL06PにSIMを戻しました〜


以前の記事で、GL07SにGL06PのSIMを刺すという使い方を紹介しました。で、結局、このSIMはGL06Pに戻ることになりました。以下、その経緯を報告します。

話の前提:やっぱりiPhone/iPadだよね〜
復習も兼ねてことの話の前提を書きますが、GL07Sを白ロムで買った理由は、Androidへの期待感。元々Googleが好きですから、別にiPhoneじゃなくてもいんじゃね?という好奇心から試したのと、Androidアプリ開発の実機が欲しいというニーズが元になっています。ですが、結局はやっぱりiPhoneだよね〜という結論に。個人的主観や慣れが大いにあると思いますが、iOSの安定感、安心感には勝てませんでした。

Wi-FiルーターとしてのGL07Sを評価する
というわけで、GL07Sは実質、Wi-Fiルーターとしての使い方が中心になったわけです。ボクはiPad miniのWi-Fi版を持ってますから、そのWi-Fiルーターとしての役割がメインです。で、ここからが本題。Wi-FiルーターとしてGL07Sはどうなのか?GL07S単体で考えれば、まあこんなもんか、、、ってところです。しかし、既に所有しているGL06Pと比較すると、

  • バッテリーは1日は持つけど2日は辛そう
  • 圏外からの電波の復帰が遅い(感度が悪い?)
  • 持ち運びに難あり。
といろいろ気になるんですよね。バッテリーについては、未使用時はフライトモードにするという技をしてましたので、まあ及第点。2番目の圏外からの復帰はちょっと残念かな。電車での利用がメインですから、移動中は当然圏外になる箇所は出てきます。圏外は仕方ないとして、GL06Pと比較して復帰が若干遅れるのはちょっとストレスになります。。あと、カバンに入れるのがちょっと不便ですね。液晶画面が気になって乱暴にカバンに入れて扱えないという点がストレスに。。。

というわけで、スマートフォンとして使うことは稀になり、Wi-Fiルーター専用に。で、GL06もあるんだから元に戻せばいいじゃんという結論になりました今のボクのショルダーバックにはGL06Pが入って、快適なiPad miniライフをささえてくれています。

なお、最後に重ねて書きますが、GL06Pと比較しなければ、GL07SはポケットWi-Fiとしてとくに問題はないと思います。Androidも楽しめますし、1台2役で楽しめるいいオススメのガジェットだと思います

2013年11月9日土曜日

MavericksのインストールUSB作成はDiskMakerXで!


MacOSのバージョンアップはしましたか?Marverickは無料で提供されている訳ですから、バージョンアップしない手はありませんね。

ネットワークに負担かかりそう
アップデートファイルのサイズは5G。ダウンロードインストールになりますから、1台インストールするたびにこのサイズをダウンロードすることになります。複数台持ってる人は10G以上もダウンロードすることになります。帯域規制が心配です(一部のプロバイダでは。また、光回線を使っているのならダウンロードにはさほど時間はかかりませんが、そうでないところはダウンロードに毎回ストレスが溜まることになります。

USBデバイスを作成しておこう
そんなわけで、以前も同様の記事(MacOS のインストールUSBを作成する)を書きましたが、OSのインストールファイルをUSBに保存しておいて再利用するというのがベターなやり方です。以前の記事ではMacbook2009lateにクリーンインストールするためにUSBファイルを作りましたが、今回はバックアップ兼再利用を想定してのものです。今回のOSアップデートは、USBインストールメディアを作成する絶好の機会だと思います。

DiskMakerXが便利
OSアップデートの時に、インストールUSBを作成する方法はいろいろネットでググればありますが、なんかめんどくさそう。。。。そんなあなたに紹介するのがDiskMakerXです。以前紹介したアプリ(Lion DiskMaker)と何が違うのか、、、、、実は名前が変わっただけで同じのようです。以前のリンクをクリックするとこのアプリにいきますんで。ウィザードに従うだけで、インストールUSBが作成できますから個人的にはお気に入りなわけで、改めて紹介したわけです。

というわけで、皆さんもいかがですか?

2013年11月4日月曜日

Google+を積極的に使えない理由

Google+

Google+使ってますか?ボクはあまり使っていません。Lifehacking.jpのmehoriさんは最近、「もう使うしかない」みたいな記事を書いていますが(そろそろGoogle+を真剣に検討したほうがよい3つの理由)、個人的にはピンとこないんですよね。なんでなんだろう?と思う個人的な理由を、以下に呟いてみます。

いろいろ手を出したくない
いちばん大きな理由はこれです。ボクの現在つかっている主要なソーシャルメディアツールは、FacebookとTwitterの2つだけです。正確に言えば、
  • Facebook ・・・ 仕事モード
  • Twitter ・・・ ライフハッカーモード、仕事モードの2アカウント
というように、仕事とプライベートを切り分けて使っています。はっきりいってこれで十分、、というか限界。これ以上ソーシャルメディアを増やしたくないです。もちろん、ボクもGoogle +を全く使ってないわけじゃないですけど、必要があれば使う程度です。レギュラーのツールにはなってません。

情報過多を避けたい
なぜいろいろ手を出したくないかというと、ボクはソーシャルメディアを情報収集のツールとして位置付けているからです。もともとボクがTwitterを使い始めたのは、尊敬するmehoriさんが、日常何を考えたり、何をしているのかを知りたかったから。。。基本的にこのスタンスは変わっていません。上記で、「仕事とプライベートを切り分けて使っている」と書きましたが、正確に言えば、「フォロワーを区別」しています。フォローしてる人は仕事とプライベートの立場でそれぞれ気になる人や、面白いことを呟いている人だけです。で、フォロワー数はTwitterの2アカウント合わせても、1000程度です。少ないと思われるかもしれませんが、現状でもすべてのツイートを追うことは無理でお腹いっぱいです。それと、Google+においては、オススメ情報とか流れてきますよね。あれ、、正直ウザいです。

ツールとしてのGoogle+とTwitterの違い
仮にTwitterを放棄すれば、Google +はTwitterの代替になるかといえば、おそらくならないでしょう。なぜなら両者には本質的な違いがあります。Google+というのは、コミュニケーションプラットフォームとしての側面が非常に強い。ここでいうコミュニケーションというのはどちらかというと他者とのインタラクションかな。。Twitterは単なる呟きであるに対し、Google+は「この写真どう?」「この記事どう?」「みんなの意見を聞かせてよ」というふうに、各種サービスと連携しながら、他者との積極的なやりとり(プラスボタンや返信などを想定しています。もちろん、Twitterでも同じようなことが実質されているわけですが、それらが機能として組み込まれているのかの違いがあります。Google+にはTwitterにはない先進的な機能が組み込まれており、mehoriさんのようにアルファなブロガーで、書籍や講演などで情報発信している人にとっては、読者とどんどんコミュニケーションをとれる場としてGoogle+はうってつけのツールでしょう。ただ、ボクにはそのニーズがない。ボクはただ呟いていたいだけ。呟きをみて、ヘェ〜って思いたいだけなんです。

流れる情報の違い
あと、Google+に流れてくる情報については、フォローしている人によって変わってくると思いますけど、私の場合は
  • ツイッターに流れている情報とほぼ同じ
  • おすすめ情報
  • 誰かの投稿の紹介
とかが中心です。上記にも書きましたが、ボクは「フォローしている人自身」の考えや気持ちがしりたい(覗きみたい)わけで、「知らない他人」の投稿のことはどうでもいいんですよね(TwitterのRTもあんまり好きじゃない)。だから、あんまりGoogle+を見る気が起きないというか、、、

とまあ、かなり個人的な嗜好が入ってしまいましたが、自己分析も兼ねてGoogle+について考えてみました。最後に念を押して書きますが、Google +自体はとても先進的で、今後も続いていくサービスだとは思います。ボクも時々、ハングアウトとかしたり、打ち合わせやイベントの時には使ったりいていますし、そのポテンシャルの高さは認めます。ボクの中でうまくGoogle+を消化することができたら、また記事を書いてみたいと思います。

2013年10月31日木曜日

スローライフな生き方 通勤時間を長くしてみる

Image047 
iPad  miniにキーボードをつけて以来、通勤時間の使い方が変わってきたのでちょっと語ってみます。

通勤時間が仕事時間に変わった
もともと、ボクがライフハックとか関心を持つようになったのは、通勤時間の使い方。片道1時間半以上かかってますので、いかにしてこの時間を有効に使うか、、、が、大きな課題になっていました。ガラケー時代から電車の中でガラケーとにらめっこしてて、スケジュールやメールのチェックとかブラウジング(mehoriさんのBLOGを見つけて、このサイト面白いー?ライフハック?!かっけー!とか思ってて)、それから、EM-ONEを経由してiPhone、iPadを使いだし、通勤時間の使い方のバリエーションが増えていったという経緯があります。特に最近は、iPadでいろいろ書くことが増えました。メールの本格的な返信はもちろんのこと、このBLOGの記事はほとんど電車の中で書き上げてますし、マインドマップでいろいろアイデアを書き出していくこともしています。もう、通勤時間は単なる隙間時間ではなく、仕事時間に変わってるんですよ(BLOG書きか仕事時間か?というツッコミはなしでお願いします)。

仕事時間にしては時間が短い
ただし、通勤時間を仕事時間として捉えると、時間としては中途半端になってきます。というのも、キーボードが使えるという条件だと、基本的に座れないといけない。しかし、通勤時間の電車は人が多いですから、なかなか座れない。特に快速とか急行とかは人が多く乗る傾向があります。それにボクの場合は通勤時間の中には乗り換えもあります。つまり、通勤時間が片道1時間半以上といっても、仕事時間として使える時間は決して長くなく、断続的になっています。ということで、電車の中で作業してたら時間はあっという間です。仕事時間にしては時間は短く、うっかり電車を乗り過ごしてしまうことも多々あります。

通勤時間を長くするという逆転の発想
そこで最近ボク試しているのは、通勤時間を長くするという逆転の発想です。通勤時間=仕事時間ととらえれば、別に短くする必要はないわけです。例えば、
  • 遠回りをする経路で通勤してみる
  • 各駅停車の普通電車に乗る
  • 通勤時間をずらす
などの工夫です。無理して速く移動する必要なんてない。スローライフですよ。あと、可能であれば通勤時間をズラす。なるべく混雑しない時間帯に通勤すると座れますしね

通勤時間を利用して無理なく仕事時間を確保する
そんな工夫するより、速く家に帰って仕事した方がマシなんじゃない?、、と思うかもしれません。ボクもそう思っていた時期がありました。。が、結局、できませんでした。。なぜなら、ボクの場合、家に帰った後はもう心身共にクタクタでお疲れモード。家で仕事なんてできないんですよ。実際、電車通勤って電車に乗ってるだけでも疲れてるんです。それと、精神的にも仕事モードから抜けちゃって、お風呂に入ったしまったら完全にスイッチOFF。家で仕事なんて無理って状態です。じゃあ、職場でギリギリまで仕事がんばったらいいじゃん。。。となりますが、そうすると通勤時間にさらに体力を消耗し、帰宅時にはHPは完全に0。そんな限界の生活を続けていたら体持ちません。まあ、昔はできてたかもしれませんが、年を取ってくると無理ができなくなってくるもんです。仕事は1日だけじゃない。明日も明後日もあるんです。やはり継続できるライフスタイルが理想ですし、そのためにも適切な時間帯に通勤時間を設定し仕事時間とする、、というのは戦略としてアリだと思ってます。

とまあ最近は、こんなことを考えながらいろいろ実践してます。皆さんもどうですか?

2013年10月30日水曜日

iPhoneを光電話の子機にする ~AgePhoneの紹介~



この春、我が家のネット環境をフレッツ光隼に変えました。正直、スピードはほとんど変わりなく、期待外れなわけですが、1点だけメリットが。それは、モデムが新機種(といっても一世代以上古そうですすが)になり、内線電話機能が使えるようになったということ。これにより、iPhoneが自宅の内線電話になります。

iPhoneを光電話の子機にするとは?
このネタは以前から話題になっており今更感がありますが、とりあえず説明します。簡単にいうと光電話のモデムにはIP電話の子機を登録する機能があります。技術的にはSIPというのを利用しているわけですが、詳細はともかく、モデムと同じネットワーク下にあるSIPクライアントを子機として登録できます。対応した電話アプリ(SIPクライアント)はいろいろ出ていますが、ボクが利用したのは、AGEPhoneというアプリです。これはNTTのフレッツが推奨するアプリで、設定は簡単。先にモデムに内線登録をしておいてAGEPhoneでモデムには接続することで、自動的に内線情報がAGEPhoneに登録されます(詳細は公式サイトを御覧ください)。これにより
  • 家にかかってきた電話をiPhoneで受ける
  • iPhoneから家の電話として電話をかける
というのが可能になります。ちなみにAndroidでもアプリは出てますので同じことができると思います(私は試していませんが、、)。

なにが嬉しいのか?そのメリットは?
利用の前提としてモデムのLANにiPhoneがないといけないわけですから、基本的に使えるのは自宅のみ。こんなことやって何が嬉しいのか?と思う人も多いかと思います。メリットは下記のとおりです。

(1)iPhoneの電話帳が使える
これが一番大きなメリットだと思います。ケータイ電話が普及して、自宅の固定電話を使う機会は少なくなったかと思います。ですが、通話料の安さからたまに使うこともあるわけで、そのさい困るのは電話帳。おそらくほとんどの人が、ケータイ電話の電話帳のほうが充実してるんじゃないかと思います。iPhoneを子機にすれば、固定からかける際でも利用することができます。

(2)コードレス子機として増やせる
自宅の電話機ってコードレスタイプですか?子機は複数ありますか?それは家族個人ごとに用意されてますか?iPhoneを子機にすることで、新たに電話機を購入することなくコードレス子機を増やすことができます。手元に眠っている古いiPhoneがあれば、子機として再利用してみてはいかがでしょうか?

(3)VPNとの合わせ技で出先からも利用できる
これはまあちょっとマニアックな技ですが、自宅のネットワークにVPN接続させることができたら出先からも内線として利用可能です。個人的にはするつもりはありませんけどね。出先からの電話料金を浮かせたいのであれば、ボクなら050PLUSみたいなIP電話を使いますし、手間の割にあんまりメリットがない気がします。

以上、iPhoneを光電話の子機にするお話でした。もしかすると、もっと意外なおもしろ使い方があるかもしれませんね。

2013年10月28日月曜日

iPhoneにはストラップを!


iPhone5sを楽しんでいるおちくんですが、今日は小ネタでストラップの話。

iPhoneとストラップ
iPhoneにはストラップホールがありません。それがジョブズの美学、、、なのかはしりませんが。iPod touch にはストラップを留めるところがあるのに不思議ですね。まあ、とにかくないわけですが、現実にはストラップホール付きのケースもそれなりにあるわけで、ニーズは少なくないとは思います。

みんなよく落としてない?
というか、ボクの周りだけかもしれませんが、通勤中によく見かけるんですよ。iPhoneのガラスがボロボロに割れてる人。。。その他、電車内でスマホを落とす人はよく見かけますね。いや、最近は外出時に必ずスマホ落とす人に出会います。そういう人に限ってストラップしてないんです。で、いつも思うんですよ。なんで、ストラップつけてないのって、、、、
iPhone 4G - broken screen 
ストラップは必須のアイテム
ボクはiPhone以前からストラップを使ってました。古くは、ガラケー、EM・ONEにはじまります。特にEM・ONEに付属していた手首にかけることができる大きめのハンドストラップはけっこう愛用していて、あれに勝るハンドストラップには出会ってません。で、このBLOGでもいろいろ書いているとおり、iPhoneにストラップをつけるためにいろいろケースを探したり、工夫したりしてました。で、最終的にはネックストラップを付けるようになりました

行きつく先はネックストラップ!
えっ??って、おそらくネックストラップに抵抗がある人は少なくないでしょう。見た目かっこ悪いですからね。しかし、
  • どこかに置き忘れるといったことはまずなし
  • 胸ポケットにiPhoneを安心していれることができる
  • 電車の中でiPhone片手にウツラウツラしてもだいじょうぶ
という何よりも勝るメリットがあります。ボクがネックストラップを使い出した一番の理由は2番目ですね。胸ポケットに入れてて、屈んだりした時に落とすことが多かったんで。最後の項目ですが、先日も電車の中でiPhone持ちながら半分寝てて、iPhoneがすっ、、、と手を抜けた瞬間、、、ガチャン!!え?!!隣の人がスマホを落としてました(笑)。ネックストラップならうたた寝も安心です。

以上を考えれば、見た目よりもネックストラップ一択でしょう。ネットストラップで、「失くす」、「落とす」といった不安から解放されます。これはストレスフリーですよ。あえて欠点をいうとすれば、ネックストラップからぶら下げたiPhoneの置きどころです。ボクは胸ポケットに入れていますが、胸ポケットがない服を着ることが多い人はちょっと不便かもしれません。

とまあ、そんなわけで、ネックストラップ。皆さんもいかがですか?